FODプレミアム特集

ぼくは麻理のなかの無料視聴、動画配信ならコチラ!

更新日:

ぼくは麻理のなか 無料 視聴 動画 配信

ぼくは麻理のなか

概要

『ぼくは麻理のなか』(ぼくはまりのなか)は、押見修造による日本の漫画作品。双葉社発行の『漫画アクション』にて2012年6号(3月20日号)から2016年18号(9月20日号)まで連載。当初は月1回連載で、2014年14号より毎号連載に変更された。単行本は全9巻。 2017年3月31日、実写ドラマがインターネット配信され、同年10月17日から12月5日まで関東地上波でも放送された。2017年11月29日からBSフジでも放送中。

あらすじ

2012年。上京後、友人作りに失敗したことが原因でまともに大学にも行けず、部屋に引きこもりがちな青年・小森功。唯一の楽しみは行きつけのコンビニで見かける、とある女子高生を尾行すること。だがある日、いつものように彼女の後をつけていると異変が起こる。女子高生は足を止め、後ろを振り返り、功の方を見た。その時少女は、わずかに微笑んでいた。功の意識はそこで途切れた。 翌朝、気付くと功は見知らぬ部屋にいた。そして鏡に映っていたのは1人の女の子、彼がひそかに「コンビニの天使」と呼んでいた女子高生・吉崎麻理だった。突然の出来事に困惑しながら「麻理」の姿のまま女子高生として過ごす功だったが、やがて彼は「本物の麻理はどこへ行ってしまったのか?」と気付く。 そんなある日、「麻理」のクラスメイト・柿口依が、「麻理」が外見は同じだが中身が別人となっていることに気が付く。 2人は功のアパートへ行き中に入る。麻理の中の功は鍵の在り処を知っていたり、自分が功であることを説明すべく功の詳細をまくしたてる。帰って来た元の功に廊下で会い、「麻理さんですか」と問うと、元の功は元のままの人物で入れ替わってはいなかった。再び功のアパートへ行き元の功と対面。元の功は麻理を尾行したことは無く、そもそも麻理のことを知らなかった。アパートの表で依が、麻理の書いた小森のことを書いたメモを見つけ、麻理が小森を見ていたことが分かる。 麻理に入った功は、依や元の功の協力を得ながら、元に戻る方法を模索していく。最終話で功の日記が出てくるが功の入った麻理には書いた記憶が無く、依と共に功の実家に行くが実家のことは記憶になかった。逆に、麻理が元の功を尾行するシーンが描かれ、麻理に入った功は実は、麻理が作り出した別人格であることが明らかになる。自我を取り戻した麻理は柿口と改めて友達となり、それぞれ大学に合格。同じ大学には行けなかったが、もし小森君のように友達ができなかったらできなかったでと、一つ殻を破り歩き出す。

キャスト

池田エライザ、吉沢亮、中村ゆりか、西田尚美

このドラマを視聴無料や見放題で見たい場合

ここで、もしもこのドラマを視聴無料や見放題で見たい場合、まず、ネット上の多数の無料動画がアップロードされているので、それらを見たくなりますが、それらのほとんどが違法アップロードなので見ないようにしたほうがいいです。もしもその動画をダウンロードすると、法律により罰せされます。

それよりもこのドラマは、フジテレビ系列で放送されたドラマなので、「FOD(フジテレビオンデマンド) プレミアム」という動画配信サービスで視聴したほうがいいです。

毎月レンタルビデオをよく借りる人や月に1回以上映画館で映画を見る人、毎月1,000円以上の雑誌や漫画を買っている人なら、こちらに切り替えたほうが断然お得です。

通勤、通学からの帰宅途中にビデオを借りてきたり、通勤、通学中に駅などの売店でついつい雑誌や漫画を買ってしまうことがありますよね。でも、このFODプレミアムに切り替えれば、雑誌・漫画が読み放題の上、ドラマ・バラエティ・アニメ・映画も見放題になり、その上FODアプリを使えばスマホやタブレットから見られるので、無駄な出費を抑えることができます。

らに、毎月有料コンテンツに使えるポイントが1300pt(1300円分)も貰えるので、新刊の漫画や書籍などが無料で3冊くらい読めてしまいます。

今なら登録から31日間無料なので、お試しで登録してみるのもアリです(無料期間中の解約も大丈夫です。)。

それに、わざわざレンタルビデオ店に足を運ぶことがないので時間も節約になりますね。

↓そのFODプレミアムはコチラ!↓

(※)「ぼくは麻理のなか」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』。2018年4月22日 (日) 09:53 UTC、URL: http://ja.wikipedia.org

-FODプレミアム特集
-

Copyright© 映画、ドラマの無料視聴、見放題、動画配信サービスならコチラ! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.